☆ 腰痛を防ぐ日常の動作にはいろいろあります。土日祝もオープン 堺市の深井カイロプラクティック整体院です。

深井カイロプラクティック整体院

◆ しんどい腰痛 生活の中で工夫できること

腰痛予防方法

○ 腰痛にはいろいろとありますが、生活する中で少しでも負担がかからないように予防することは可能です。

何点かありますから順番に取り上げてみたいと思います。

1度行ってみていただいて、『あっこれいいなぁ〜』『負担かかりにくいなぁ〜』っと感じてくださいましたら、ぜひ無理のない範囲で続けてみてください!

3つの方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

◆ くつしたを履くときの方法

○ まずは1つ目のご紹介で、くつしたを履くときです。

これ朝の出勤前とか急いでいるときは、立ち姿勢で片足立ちで履く方も多いのではないでしょうか?

こうして履いてるとカラダがよろけたりもしますね!!

腰に対して負担の少ない方法はまずはイスに座ります。

そして片足を椅子の上に乗せます。膝が胸に近づくイメージですね。

あとはそのまま靴下を履くだけです。

これは片足立ちで履くよりもすごくラクに感じると思いますので整体の施術時にもお伝えしていることです。どうぞお試しくださいませ!

◆ 起き上がりの時にしんどい時は・・・

 

腰痛

○ 朝の起きたときに腰痛がつらくて・・・・という方も多いです。

そういう場合の負担の少ない起き上がり方をご紹介します。

まずはカラダの向きを横向きにしましょう!次にカラダの下側にある腕(例えば右を向いて横向きなら右腕が下になります) をてこの原理を使っておきあがるわけです。

肘を支点として起き上がるイメージです。

行ってみると今までの方法よりもラクに起き上がれるのではないかと思います。

 

スポンサーリンク

 

僕もそうでしたが、腰痛で朝こうして起きる時にしんどい・痛い方は自然とこの方法になってるかもしれませんけどね!

これも整体の施術時にお伝えしています内容です。

◆ 重たい荷物を持つときは・・・

○ 重たい荷物を持つときも腰だけでなくていろいろと負担かかります。荷物を持つときの方法

これも例えば段ボール箱のような箱ものを持つ場合をイメージしてみましょう〜

箱をお腹にくっつけるイメージでわきは閉めて持つ感じです。

箱(荷物)をなるべく自分自身のカラダ(お腹)と密着させて持つことによってより負担が少なくなりますから、ぜひお試しくださいませ。


またスーパーのお買い物などで両手に袋を持ってる時も一緒です。

なるべくわきを閉めた状態で、荷物をカラダに密着させた方が負担は軽減できると思います。

どちらにしても荷物・持つものによって出来る・出来ないはあります。

基本はカラダに密着させることと、わきは閉めることです。

3つご紹介しましたが、まだまだ生活の中で工夫出来ることはあります。

あなた自身でも見つけてみてくださいね!!


僕の住んでいる堺市中区のある大きなスーパーでもみなさん、たくさんお買い物をして、荷物を運ぶときは、うまいこと持っておられる方もおられますし、その逆で、もっと工夫したら今よりラクに運べるのになぁ〜と思う方もいらっしゃいます。

整体やカイロプラクティックの施術以外にも、こうした普段からの工夫は大切ですよ!

 

スポンサーリンク