胸郭出口症候群による症状も整体で改善!堺市中区の深井カイロプラクティック整体院。

深井カイロプラクティック整体院

胸郭出口症候群(TOS)ってどんな症状があるの?整体では改善するの?

胸郭出口症候群と整形外科・医療機関から診断された方、またそれに対しての治療をしてきた方々が、おそらくこのページをご覧の事だと思います。

 

手のしびれ・腕のだるさ

 

そもそも胸郭出口って一体なんだろう?そう感じる方も多いのではないでしょうか?

 

これは、鎖骨と一番上の肋骨の間にある隙間のことを指し示すわけです。

 

解剖学の図や写真を見ると分かりますが、ここには、神経や動脈・静脈などが走っているわけです。(画像は準備中)

 

このスペースが狭まっていくとどうなるか予想はつきますね。

 

そうです。神経や動脈・静脈が圧迫されるので、肩や腕などにしびれやだるさ・鈍痛といった上肢の神経症状などがあらわれてくるわけです。

 

上腕(肩から肘までの部分)・前腕(肘から手首までの部分)または限定された指だけでなく、指先全体に症状が出ることも特徴です。

 

チカラが入らないなどの筋力低下などは見られません。

 

実はこの胸郭出口症候群は、女性に多くて、職業的には美容師さん・学校の先生などが多いといわれています。

 

チェックポイント

 

そして、なで肩の女性に多い傾向があります。

 

共通することは腕を上げている状態で仕事をする人が多いということです。

 

電車で言うと、分かりやすいかもしれませんが、吊り革をずっと持っている状態です。

 

この腕をあげている状態の時に、手がしびれたり、腕がだるく感じたりする症状があります。

 

整体やカイロプラクティックでこのような症状をお持ちの方がご来院のケースも多いです。

 

こうした手のしびれ・だるさなどの症状も首と関連することが多いのですが、頸椎椎間板ヘルニアを始め、いろんなものが原因となります。

 

ですので、それに対する見分けが必要になります。

 

※ もちろんお医者さんではありませんから、断定することは出来ませんが・・・

 

では、この胸郭出口症候群の原因や見分ける方法にはどんなものがあるかを見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

 

胸郭出口症候群の原因は何だろう?

 

何種類かあるわけです。

 

胸郭出口症候群

 

☆ 前斜角筋と中斜角筋の影響(斜角筋症候群)

 

この2つの筋肉が原因で神経や血管を圧迫してしまい、症状が出る。

 


 

☆ 小胸筋という筋肉が原因

 

この筋肉の緊張が原因で症状が出る

 


 

☆ 頸肋の影響

 

頸肋といって、先天的に第7頸椎(首の一番下の骨)に肋骨が出来ているケース。これは整体やカイロプラクティックの施術範囲では難しいです。

 


 

☆ 鎖骨と第1肋骨による圧迫

 

鎖骨の下方への変位があり、それが影響しているケース

 


 

腕には代表的で有名な神経として橈骨神経と尺骨神経があります。

 

胸郭出口症候群は、尺骨神経が圧迫されていることもあり、腕の内側に症状が出ることもあります。

 

鎖骨下動脈(前斜角筋と中斜角筋の間を通過)が圧迫を受けている場合は、指先全体の症状などがあらわれます。

 

スポンサーリンク

 

胸郭出口症候群のテスト・確認方法は?

 

〇 アドソンテスト(同方向・前斜角筋のテスト)

 

〇 アドソンテスト(反対方向・中斜角筋のテスト)

 

〇 ライトテスト

 

〇 小胸筋テスト

 

〇 鎖骨・第1肋骨間(肋鎖テスト)

 

というのがあります。それぞれ座った状態で、肘を曲げたり腕をあげたりする簡単な動作でチェックします。

 


 

以前にNHKの健康情報番組、ためしてガッテンでも、この胸郭出口症候群の特集していましたね。

 

整体やカイロプラクティックでも、いろんな症状でご来院の方が多いですが、手がしびれるという症状でご来院の方もいます。

 

頸椎椎間板ヘルニアとの症状とも似ているので、頸椎圧迫テストなどのチェックで識別することが重要になります。

 

ちなみに頸椎圧迫テストは、座っていただき、手のひらを頭に置いて、上から下へ圧をかける方法です。これによって胸郭出口症候群の場合は、手のしびれなどが出ません。

 

逆に頸椎椎間板ヘルニアの場合は、症状が出ます。

 

手のしびれの症状もいろいろありますが、このような胸郭出口症候群も、整体やカイロプラクティックの施術は適応症です。

 

首周辺だけの整体の施術ではなく、カラダの全体のバランスを調整する内容です。

 

ぜひご検討くださいませ。

 

スポンサーリンク