テクニックの1つ、アクティベーターの器具について。堺市中区の深井カイロプラクティック整体院です

深井カイロプラクティック整体院

◆ 動画と部分画像との組み合わせで見ていきましょう!

アクティベータ 

カイロプラクティックや整体へ行ったことがある方は、もしかしたら、ご存知かもしれません。パチンと音のする器具です。

このアクティベーター器具について画像と組み合わせてみていきましょう!

この@〜Gの下記の画像は、私が卒業しました日本カイロプラクティックドクター専門学院大阪校に、HPでの画像使用の許可を2013年7月22日に致しました。

脚長差チェックポジションA骨盤の調整腰椎のチェック

腰椎の調整胸椎チェック肋骨の調整頸椎の調整

○ 上記1〜8を順番に見ていきます。

@ 左右の脚長差を確認している状態です。

A 両膝を90度に曲げて、@の状態がよりどうなっているかを確認しています。

B 骨盤の調整です。6か所にパチンと調整していきます。

C 腕を腰の後ろに置いています。腰椎調整前に、どんなバランスの崩れかを確認しています。

D 腰椎の矯正になります。Cの確認後、脚長差によって矯正場所を決定します。

E 腕を上の方にあげています。胸椎矯正前の確認です。

F 肋骨の調整になります。胸椎の調整と一緒に行います。

G 顔を上にあげます。第5頸椎のチェックです。


この上記の内容は一部になります。

整体のお店でよく目にしますカラダを横にひねってバキッ!としたり、首を左右にひねることによっての矯正ではありませんので、非常にソフトで危険性もありません。

実際に整体を受けて頂けるとお分かりいただけると思います。

関連ページ

◆ その他の方法@ 特殊なベットによるバランス調整方法

◆ その他の方法A 三角形の形をしたブロックを差し込むソフトな方法

※ この器具についてのコラム(余談ですが・・・)

このアクティベータは開業したら、必ず1本予備で置いといたほうが良いよ!と言われたことがあります。

それは、消耗品なので、ばねがおかしくなるからとの事でした。

専門学校に入学したときに購入した1本は、予備で置いておきました。


そして、堺市中区にありますこの整体のお店を開業して確か、3年か4年位が経過した頃でした。

いつものように使用していても、何だか器具の調子が悪い状態になり、そこで予備のものを代わりに使いました。この時、本当に1本置いといてよかった!と感じました。


修理に出すと、やはり中のばねが摩耗していたようです。

そのアカンようになったばねも一緒に送ってくださってました。

普通に使っていて、壊れる事なんてあるんかなぁ〜って思いましたけど、やはりモノにも限界がありますね!


ちなみに、専門学校に入学したときに、この器具は空打ちはしないようにと教えてもらいました。

おそらくそれをすると、この器具にとってよくないからでしょうね!

ちょっと話が横にそれましたが、アクティベータ器具の体験談でした!!