☆ 食事の中での栄養バランス、しっかりと出来ておられますか?堺市中区の深井カイロプラクティック整体院

深井カイロプラクティック整体院

◆ 『カルシウム』を上手にとるには?

骨粗しょう症、骨密度といった言葉を聞いて思い浮かべるのは、カルシウムに関する事ではないでしょうか?今回は、少し栄養に関することを書いていきます。

以前のニュースレターの内容にも書いた記事です。

 

スポンサーリンク

 

◆ しっかりと1日の量は取れていますか?おすすめは○○ですよ!

まず初めに、1日の中でどのくらいの量を摂取すればいいのかご存知ですか?だいたい700rから800rが必要だと言われているのです。

 

カルシウムを取る事も重要ですが、それと同時にカルシウムの吸収を助ける働きをするビタミンDも取る事も重要になるのです。

 

このビタミンDは、太陽の光を浴びることで体内に合成されるビタミンです。天候の良い日に散歩をしたり、ウォーキングやジョギングをすることも、重要になってくるわけです。

 

運動

 

みなさんはこのようなこと出来ていらっしゃいますか?当院でも施術のときに、こうした話題になることも多いのですが、毎日欠かさずに何年も継続されていらっしゃる方もおられますので、すごいことだなぁ〜っと感じております。

 

その逆で、若いころはよく体も動かしていたけど、今はさっぱりやねぇ〜という方もいます。

 

みなさんももし、天候の良い日にあまり運動などしておられないのでしたら、まずは、少しづつ取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

さて、カルシウムの事に戻りますが、多く含まれている食品でみなさんもよく知っておられます代表的なものは、牛乳ですね!

 

それ以外に少し言いますと、煮干しやチーズ・小魚・緑黄色野菜の中では、小松菜がイチバン多いのです。小松菜のおひたしとかも美味しく食べれますね!

 

カルシウムを取る中で、もう1つ忘れてはいけないのがマグネシウムです。

 

カルシウムとマグネシウムの理想のバランスは2対1だと言われています。

 

ここで、この理想バランスに近い献立をご紹介しようと思います。それはひじきの煮物です。

 

ひじきには、鉄分も多く含まれていることで有名なのですが、カルシウムとマグネシウムも多く含まれており、先程もお伝えしましたが、何よりも素晴らしいのが2対1に近い割合で含まれているという事なのです。

 

ひじきの煮物って確か、僕が小学校の頃に給食で小のおかずとして、よく出てきました!!今は普通に食べますが、その当時はあんまり好きではなかったですね!!

 

ちなみにマグネシウムの多い食品は、納豆や大豆・油揚げなどがあります。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね!

詳細ページ

※ ブログ一覧はこちらから!症状・症例日記や整体に関する事・またお店に関する内容満載!

※ 健康雑学@ しゃっくりが止まらない時は?・めばちこで困ったとき!

※ 健康雑学A・なかなか寝れない時は?・目覚めよく起きるには!

※ 健康雑学B あなたが使っているイスと机の高さはどんな感じ?簡単に計算できますよ!

 

スポンサーリンク

 


上に戻る