種類別に痛みの状態を確認していきましょう!!泉北高速鉄道深井駅徒歩8分の深井カイロプラクティック整体院です。

深井カイロプラクティック整体院

◆ 痛みの種類や性質も確認することが大事です。

※ まず初めに、腰痛を例にしてみていきたいと思います。 チェックポイント

腰が痛いです!といってもどんな種類の痛みでつらいのかは、

それぞれ異なってきます。なかなかお聞きしても、その状態を

言葉で表現する事って、正直難しいかと思うのですが、

重要な事ですので、一緒に見ていくことにしましょう!!

◆ @ 放散痛 → 別の場所まで痛みが響く

肩のしんどさ

※ まず1つめになります。

放散痛といって、別の場所にまで痛みが響いてしまう状態の事です。

例えば腰が痛い状態で、その痛みが何かの動作や拍子で、

連動して、おしりの方に走ったり、足の方に感じたりするといったことです。

メインの腰以外のどこに症状が出るのかが重要ですので

その部分を、すっかりとお伝え頂くことが重要です。

僕自身も以前、この整体・カイロプラクティックの仕事をする前まで、

上記のようなことがありました。

◆ A 自発痛 → 何もしなくても痛みが出る

※ 2つめを見ていきます。腰のつらさ

自発痛と言って、特に何をしなくても、じっとしている状態であっても

痛さを感じてしまう状況です。

よく一般的に多いのが、寝ていても痛いという方です。

痛さの度合いもこの場合は、とても重要な事になります。

◆ B 関連痛 → 動作などに関係なく、異なる場所に痛さがある

※ 3つめになります。

関連痛といって、痛い場所とは異なる部分に症状が出る状態です。

カラダの動きなどには関係ありません。

◆ C 運動痛 → 動いた時に痛みがある。

※ 4つめになります。肩こり

これは字の通りそのままですね。ある動きで感じる状況です。

前にかがむと痛いのか、またその反対で、後ろに反らすとつらいのか。

こういう動作をすると、ダメだという状況ですので、

その特定の動きを覚えていて、伝えるようにしてください。

言葉で伝えるのと同時に、実際にその動作をやってみて

教えて頂くのがイチバン伝わりやすいと思います。

◆ D 寒冷痛 → 寒くなる時期になるとつらい

最後に5つめです。

寒冷痛といって、冬場によくおっしゃる方が多いです。冷え症の方は特にこの時期はつらいですね。

よくお聞きするのは、腰もそうなのですが、膝が寒くなってくると調子が悪い。という方です。


よくある日常会話などで聞くこととして、

『私、寒くなってくると毎年どうも○○が痛くなって・・・』という会話、よく聞きますよね!!

坐骨神経痛とかの症状の方であっても、その時期はお聞きします。

堺市でも冬場はかなり冷え込む時期もあって、場合によっては雪が降る事もありますからね!!


※ こうして、みていくだけでも5種類ありました。

それぞれ特徴も違いますし、あなたがどのタイプのものなのかを

お分かりいただいて、それを説明される際に、整体の施術時にお伝えいただくのが

よりいいのではないかと思います。

あっ、ちなみにこの名前とかは覚える必要もありませんよ!

あなたの痛みが、こういう感じの種類のものだと、簡単にお分かりいただければよいかと思います。