☆ 施術時に貼る場合があるキネシオテープってどんなもの?堺市中区の深井カイロプラクティック整体院

深井カイロプラクティック整体院

◆ キネシオテープとは・・・

腰の仙棘筋テープ

○ このテープの役目としては、痛みを和らげる(抑える)という役割や、血液の循環を良くしてあげるという役目があります。

自然治癒力を高めて、回復を早めたりすることが出来るのです。

このテープがなぜ痛みを和らげることが出来るかというと、筋肉が炎症を起こしたり、硬くなったりして問題がでてくると、筋肉と皮膚の間のスペースが狭くなってくるのです。

その結果リンパ液などの循環が悪くなってしまう状態になります。

すると痛みを感じるようになってきます。

 

スポンサーリンク

 

そこでこのキネシオテープは皮膚を伸ばして貼ります。(例えば腰に貼る時は前かがみの状態になってもらい貼ります)

すると前かがみの状態から、元に戻した場合、テープがシワシワの状態になります。(上の写真のように)

このシワシワの状態が皮膚を持ち上げているわけであり、筋肉と皮膚の狭くなったスペースにほんのわずかなスペースを作り出している状態になります。

このわずかな隙間・スペースが重要なわけですね!

この結果、痛みが和らぐようになるのです。

☆どこかにカラダをぶつけてしまい、青あざが出来た時貼ると、回復が早いようです!

 

スポンサーリンク

 

◆ いろんな種類があります!!

○ このキネシオテープにもいろんな種類があります。

テープの幅もいろいろです。貼る部分によって異なります。一般的には幅5cmを使うことが多いです。

キネシオテープを専門的に使用される方ですと、テープの色も赤や青なども状況に応じて使用するようです。

ちなみに当院ではキネシオテープも専門的に取り扱うわけではありませんので、赤や青も使ったことはありませんが・・・

撥水加工もしているテープはお風呂もそのまま貼り付けたまま入っても大丈夫です。

しっかりと乾かしてください。一般的には2〜3日間くらい貼ったままでも大丈夫ですがはがすのはお肌の状態とご相談してください。

中には1週間そのままでも大丈夫な方もおられます。

当院では基本的には整体・カイロプラクティック施術後に貼ります。

○ 個人的に膝を貼ったときはすごくラクです

膝の半月板テープ

僕自身、膝を以前悪くして(水がたまって抜いたのですが・・・)

そっから1年に何度か膝が気になる事があるのです。

そのときにこのテープ(膝の半月板テープ)を貼るとすごく気にならなくて調子がよかったです。

それからこのテープいいなぁ〜って感じました。

当院では実際に首や腰、そして膝などに貼ることが多いです。

こんな感じで貼りますという写真を載せていますのでよろしかったらご覧くださいませ!!

○ 肩のテープはこちら 

○ 膝のテープはこちら

○ 腰のテープはこちら 

 

スポンサーリンク