施術でバキバキされるのは危険なのか? 

深井カイロプラクティック整体院

整体のバキバキは、危険なケースもあります ※バキバキが良くないというわけではありませんが・・・・

みなさん。整体やカイロプラクティックというとどんなイメージがありますか?

 

 

いいイメージ・逆に悪いイメージを正直持っていらっしゃる方もいるかもしれません。

 

今回は、施術での方法のお話になりますが、いろんなテクニックがあります。

 

お店によっても方針があるので、それぞれの店舗で異なるのは当然です。

 

深井カイロプラクティック整体院

堺市中区深井水池町3194 ロイヤルハイツ深井108

072-205-6984

 

症状や状態によって使い分けが必要だと僕は思います。

 

中でも一般的にみなさんが強烈にイメージがあるのがバキバキする方法ではないでしょうか?

 

要チェック

 

恐い・危ないというイメージがすごくありますよね!

 

このテクニックももちろん素晴らしいものですが、この方法で施術をしても大丈夫な方と、やはりよくない方がいらっしゃいます。

 

ではすごく簡単にいうと、どんな場合でしょうか?

 

20代の方と70代の方で、仮にここでは年齢だけを考えた場合、70代の方にはバキバキするのは超危険です。というより、バキバキはしてはダメですよね。

 

仮に20代や30代の方でも、症状や状態によっては危険なケースも多くあるわけです。

 

健康第一

 

ですので、先程もお知らせしたように、年齢や、その方のお体の症状や状態、その他お話をお聞きしていく中で、テクニックも変えていかないといけないという事が重要だと感じています。

 

※ 決してバキバキすることが良くないというわけではありません。

 

ですが、ここで注意点。男性の方に多いですが、首や腰などを自分で思いっきり捻った状態でバキッとするのは控えてくださいね!

 

私自身も以前はバキバキすることもありました。

 

当院を開業するまでは、大阪市内の整体院に勤務していました。

 

私も開業してからは一切しなくなりましたが、以前勤務していた店舗では場合によってはバキッとする方法で施術することもありました。

 

骨盤や首・背中などです。

 

共通して言えることがみなさんすごくチカラがどうしても入ってしまうのですね。

 

特に首をするときは、イチバン緊張状態の方が多いと思います。

 

これはしょうがない事だと思います。

 

人によってはすごくチカラもぬけてリラックス出来た状態で矯正できますが、やはり緊張や怖さからくるものかチカラが入る方が多いわけです。

 


 

私が開業してからは主にバキバキせずに主に3つの安心・負担のかからない方法で施術しています。

 

下記の写真はその3つの画像を載せています。

 

アクティベータ

この上の写真→アクティベータという器具です。

 

ブロックテクニック

この上の写真がブロックを使った方法です

 

ドロップテクニック

この上のベッドを使う方法がドロップテクニックです。

 

今まで受けてすごく恐かった・・・・という方も、この上記の方法でしたら負担はかかりませんので、ご安心ください。

 

動画でも実際の施術場面を撮影して載せていますので、これをご覧くださいましたら、より一層分かりやすく感じて頂けるかと思います。

 

施術方法もソフトな方法が多くなりました!

 

たくさんお店はありますが、最近ではソフトな方法で施術されるところがHPを見ていても多くなったように感じます。

 

そういう意味では、みなさんも安心して症状緩和するために継続することが出来るようになったのではないでしょうか?

 

今お悩みの症状でいろんな事を試してみたけど、もう1つ思うような反応がなかった・・・ということで施術を受けてみて、本当によかったわ〜と感じる方も多いです。

 

当院で施術を受けた多くのお客様の感想もこちらから見ることが出来ますよ!

 

今はHPまたは動画youtubeなどでもお店の事をしっかりと説明されているところが多いので、1度ご検討くださいね。

 

当院でも初めての方が少しでも不安がないように、動画を作成していますので、ご覧いただけましたらうれしいです。

 

約5分で分かる初めから終わりまでの一連の流れをまとめた動画。

 

その他、問診やチェック、矯正(バランス調整)の方法など、実際の施術場面を編集して載せています。

 

どんなことをされるのかという不安を解消できますので、ご覧くださいませ。

 

施術によって頭痛腰痛・また坐骨神経痛などなど症状緩和のお手伝いが出来たらうれしいです。

 

<関連記事>自分でバキバキするのと何がどう違うのか?

 

最終更新日:2019年12月10日(火)


上に戻る