この仕事を始めるきっかけとなった本・雑誌。あの時見ていなかったらどうなっていたかなぁ〜!!

深井カイロプラクティック整体院

◆ ケイコとマナブという本だったと思います!

○ 僕が販売業の仕事を以前辞めてからの次のスタートは、ケイコとマナブという本のあるページを最初に開いたことでした。

あっ、確かケイコとマナブだったとは思いますが・・・

最初、適当に開いたのが、整体・カイロプラクティックの仕事でした。

そのページには、僕が卒業した専門学校の記事が載っていました。


スポンサーリンク

昔から僕は、医療系・病院系の連続ドラマを見ることがとっても好きで自己紹介欄にも書きましたが、よくテレビで見ていたのです。

子供のころといっても中学生や高校生の頃ですが、(今でもみます!)

『こうして白衣を着てする仕事をしてみたいなぁ〜』っと思っていたのです。

理系は苦手ですし、実際にお医者さんになる事は絶対に無理やし、でもその当時からテレビを見るたびに白衣を着る仕事が出来ればなぁ!!そう感じていました。


その本を購入し、他の学校と比べたりして、じっくり読みネットなどでも調べました。

その結果、日本カイロプラクティックドクター専門学院に入学!

専門学校へ入学したときには、実技で使用のため、白衣も注文するのですが、手元に届いて初めて白衣に着替えたときのうれしさは今でも覚えています。

しかも着たまま全身が映る鏡をずっと見ていた記憶があります。

それだけ白衣を着れたことにうれしさを感じていたのだと思います。


『白衣を着てする仕事をしてみたいなぁ〜』

昔、こうして感じていたことが、まさに現実となり、整体・カイロプラクティックの仕事をするにあたっての最初のきっかけとなりました。

素晴らしい職業に巡り合えてよかったです。

参考記事・カイロプラクティックの現状 (日本と世界では!)

☆ もう1つやりたい仕事が実はありました!


スポンサーリンク

先程、『白衣を着てする仕事をしてみたい』という事を書きました。

僕自身そうですね〜大学2回生の途中頃からだったと思いましたが、学校の先生も1度してみたい職業だなぁ〜っと急に感じたのです。


昔からドラマでも教師・学校関連のテレビドラマは好きでしたが、学校の先生になりたいなぁ〜とは正直感じませんでした。

ちなみに『教師びんびん物語』は再放送で何回も見ましたし、『3年B組金八先生』もよく見ました!! 『ごくせん』も見てましたよ!

先程お伝えしたように、大学2回生頃から急に感じるようになったのですが、何が影響したのかは分かりませんが・・・・


しかし、教員免許を取らなければいけませんでしたし、気づいたときはもう遅かったわけです。貴重な経験

でも、就職活動などでいろんな情報を見ていた時に、塾の講師は教員免許がなくても出来るということを知りました。

堺市東区にある学習塾の非常勤講師を1年、大学在学時にしました。

もちろん研修や専任の先生が生徒役になっての模擬授業があり、とっても緊張感を感じたことを覚えています。

声の大きさや、ホワイトボードに書く字の大きさ・見やすさのいたるところをチェックしていただきました。

中学1年生・中学2年生を担当しましたが、とってもパワーももらえました。


授業では、いかに分かりやすく理解してもらえるかを特に考えていました。

なるべく簡単な言葉を使って説明することを心掛けていました。

これは、今の整体やカイロプラクティックで、患者様にご説明するときにも、同じことが言えます。

また授業以外では、いろんな勉強とは違った話もたくさんしてくれましたし、本当に充実した1年間でありました。

この記事を書いていて思ったことは、今、僕が1年間教えていた中学生は、年齢的に20代半ばになるので、みんなどうしてるかなぁ〜って思います!!

詳細ページ

☆ 自己紹介・プロフィールの記事はこちら! あなたと共通点があるかも!


スポンサーリンク